postheadericon 税金

日本では、さまざまな税金を納めることが義務づけられています。
具体的には、所得税・法人税、事業所税、相続税、贈与税、自動車税、酒税、たばこ税、消費税などです。
これらの税は、それぞれ税率が定められており、課税方式も異なります。
最近では、消費税が5%から8%になったりと、税率が変わることもあります。
企業活動をする上では、法人税などを納める必要があります。
海外では、納税時に代行に依頼し、節税対策をすることが一般的です。
しかし、日本では、未だに節税に対する意識が低いといわれています。

・法人税
法人税とは、文字通り法人が支払わなければならない税金のことをいいます。
法人は、利益を求める経済活動を行う組織のことをいいます。
この法人の利益に応じて、法人税、法人事業税、法人住民税などを支払う必要があります。
税金は、企業活動に影響を与えるため、できる限り税金を減らすことが必要になります。
そのため、企業は、節税を行うことも一般的です。節税の際は、税理士などに相談することが多く、さまざまな相談をすることができます。
一方で、脱税により、社会的な制裁を受ける企業も存在します。
脱税は、所得隠しなどを行うことで、支払うべき税金をごまかすことをいいます。
一時的には、企業の利益を得ることができますが、社会的な信用を失うため、最終的には大きな損をすることになります。

・節税
節税とは、支払うべき税金をできるだけ抑えるために行う、税金対策のことをいいます。
控除などのしくみを利用することで、支払う額を抑えることができます。
個人でも、資産を所有している人などが行うことがあります。
方法は、収める税金によって異なります。

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
  • カテゴリーなし